成功者とは?

4930838551僕は昔からこの本を座右の書としているようです(笑)

というのも、成功と書いてはあるものの、書かれている内容がいやらしくないから好きなのです。

成功の本来の意味は、功を成す。

公のためにつくす仕事をすることで、徳を身につけていくという意味合いで使われているように感じます。

今の世の成功法則ときたら、金!金!金!

いくら稼ぐのか?が基準となっています。

成金になるために必要なことのオンパレードで、本当に下品だと思います。

些末な欲にとらわれていれば、絶対に成功できないのが、世の道理かと僕は思います。

そして、成功の意味をはき違えてはいけないとも思っています。

お金に執着すれば、本人は気づかないかもしれませんが、とても下品に見えます。

一方、己の生き方に誇りを持てるよう、日々精進している人は、とても気品があります。

どちらが本当の成功者なのでしょうか?世間の基準に踊らされないことが大切なのではないでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です