おおの先生の業務日誌 最新記事

天皇制と商売?

歴史を知れば、未来がわかる。

よく言われている言葉ですが、ちょっと前まで何のことやらさっぱりわかりませんでした。

ところが、ここ数年、歴史をあらためて知る、学ぶことの楽しさを覚えていく中でこの意味がなんとなくわかるようになった気がします。

それぞれの国家や国民の性質、日本の成り立ちと日本人の気質といったものが、歴史の中で表れています。

昨日の心学商売繁盛塾では、「天皇制と家族意識」というテーマの勉強会でした。

天皇制と商売というと何の関係もなさそうですが、さにあらずです。

2600年以上脈々と続いている天皇制が、日本人の気質を端的に表しているように僕には感じています。

そして、その気質に沿った商売のあり方が、年功序列、終身雇用、家族意識といった今までの経済を支えてきた背骨だったわけです。

今はグローバリズム、世界的大企業中心の流れの渦中に日本はいます。

日本らしさよりも、そうした潮流に合わせていくことのほうが重要視されてしまっています。

すべてを画一化するような大きな流れに呑みこまれるのか?

それとも、軸をもった成熟した独自の経済にあり方を世に示せるのか?

主体は世界的大企業ではなく、あくまで日本という国家であり、日本人です。

哲学という名の軸をそれぞれが持ち、商売のあり方、経済のあり方を深く追求していくべき時代ではないでしょうか?

ホーム

おーちゃん-150x150

プロフィール

大野和弘 昭和46年3月8日生まれ

平成15年6月に開業し、埼玉県行政書士会所属吉川支部に所属

(登録番号 第03131792号)。

平成27年5月より 吉川支部支部長 就任。

 

平成17年5月から平成20年4月まで 松伏町町議会議員を務める。

平成22年7月より NPO法人読書普及協会 監事就任。

平成25年6月より立ち上げた 心学商売繁盛塾 事務局を務め現在に至る。

 

 行政書士業務について

行政書士業務は、ひとことで言えば範囲が広いです。(詳細は下記の取扱業務参照)

このような業務を遂行していくうえで司法書士や税理士、弁護士といった他士業の協力が不可欠となります。

言ってみれば、行政書士が交通整理役であり、他士業への橋渡しの役も負っています。

手続きがわからない、問題が起きてどうすればわからないというとき、真っ先にご相談いただければ、お役に立てるよう精いっぱい対応します。

お困りの際は、是非、ご相談ください。

取扱業務 2つの柱

1.許認可手続き

2.法人設立手続き

1.許認可手続き

建設業許可申請

産業廃棄物収集運搬業許可申請

宅建免許申請

2.法人設立および運営手続き

医療法人設立

NPO法人設立

事業協同組合設立

契約書作成