Category Archives: おおの先生の業務日誌

予定が壊れた

今日は土曜日。事務仕事に邁進しようと思っていました。

建設業許可申請書の作成、経営事項審査の補正、NPO法人解散手続きの調査および計画作成を午後のうちにすべて終えようとした矢先・・・。

台風と昼寝してしまった影響で中断(笑)なんとも情けない話です(苦笑)

敵は己の中にいるという言葉が痛い、痛い、痛すぎます。嗚呼。

同時に、人生いつでもこれから。いくら後悔してみても時間は永遠に戻ってきません。

これからもうひと仕事終えて、酒飲みながら反省するとしましょう。

うしし。

 

 

 

法の根源にあるもの

今日は、午前中に埼玉運輸支局に行き、一般貨物自動車運送事業の約款変更届を提出し、午後は平和に事務仕事となりました。

そういえば先日、ある方が、法律は浅いのだとおっしゃいました。

確かに物事の道理、道徳といったものから派生している法律は浅いという面もあります。

しかし、浅いからといってそれを無視するわけにもいきません。

宅建業法や廃掃法、あるいは建設工事の入札などにあたっての法律の運用は特に厳格です。

こちらのちょっとした判断ミスが、お客さんの重大な損害にもつながりかねません。

たかが法律、されど法律。

されど法律の部分をよくよく認識していただくことが、行政書士の役割でもあります。

昔、ある先輩から言われた言葉を思い出します。

「法律以外の勉強を怠るな。」

洋の東西における思想、哲学、仏教、古典等々、世の中の道理につながる書籍を今、読み込んでいます。

なかなかとっつきにくいので頭に無事に入っているかどうかはわかりませんが(笑)・・・。

ただ、こうした本を読み、蓄積していくと法律的な判断が求められる仕事の場面でも割と適切な判断がいしやすくなるように感じています。

法の派生している根本を掴むことが重要なのだと思います。

だからといって、法律の勉強を怠るわけにもいきませんけどね。

明日は、建設業許可関係の資料集めや打ち合わせ、宗教法人規則変更認証手続きの打ち合わせと午後はバタバタになりそうです。

こうした時こそ、丁寧に、丁寧に仕事をしていくことを肝に銘じていきます。

ノーヒットノーラン

本日は、建設業の経営事項審査のために県庁へ。

そこで発覚した誤記入。

ずぼらな性格が災いして、こうしたミスがよく起きてしまう。

そのたびに反省はするものの、なかなか直らず。

学習機能がないのか?と自分で自分を疑ってしまう(笑)

午後は、建設業許可申請書類の作成と明日提出する予定の運送業の約款変更届に着手。

夜になって、読書でもしようかと思っていた矢先、ふとつけたテレビが面白そうでつい見てしまう。

内容は、元大リーガーの野茂投手のノーヒット、ノーランの特集だった。

日本での栄光を捨て、道なき道を歩もうとした野茂選手に改めて尊敬の念が湧いてくる。

一流アスリートの心のあり方から学べるものはたくさんある。

仕事に応用できるものもかなり多いと感じる今日この頃。

解散?

今回は、自分が関わるNPO法人の理事会と総会で大阪に行ってきました。

そして、とても残念なことですが、NPO法人の解散が理事会、総会において話題にあがりました。

個人的な感情としては思い入れもある団体であり、解散はしたくありません。

一方、会員数や決算といった数字的にみれば今のタイミングが解散の潮時なのだと思います。

情と合理性のバランス。

会社にしてもNPOにしても、運営を継続していくにあたりこのバランスが問われていきます。

今回の件について確定するには今後の総会の決議が必要ですが、解散後も任意団体として継続していく予定ではあります。

NPO法人という法人格があることにより確かに公的な信用がついていきます。

その反面、いろいろな事務的、コスト的な負担がどうしても増えてしまいます。

話し合いの結果、総合的に考えてみれば法人格にしているメリットは、現状においては少ないという結論に至りました。

決断を遅くするほどに傷口が広がる懸念があるため、思い切りが必要とされます。

事業は始めるよりも、撤退するほうが覚悟が要ります。

結婚よりも離婚のほうが数倍エネルギーが要るのと同じようなものとどなたかがおっしゃっていましたが、確かにそのとおりなのかもしれません。

どのような法人、どのような団体にせよ、その前提となる目的、思い、理念が最も重要なのだと改めて思いました。

子育て談義

本日は、午前中に建設業許可関係の確認と準備していただきたい資料一覧のファックス。

その次に産廃許可と事業年度終了報告申請のために会社訪問。その足で一般貨物自動車運送事業の営業所移転の件の調査で市役所へ。

その後、経営事項審査の資料を受け取りにお客さんのところに行こうとした矢先、市役所で同支部の某先生(女性)にばったり。

2歳と1歳になる娘さんと一緒でした。ちょうど自分にも2歳と5月に生まれたばかりの息子がいます。

そんなことで子育て談義が市役所にてはじまりました(笑)

つくづく思うのですが、子育ては仕事よりも大変です。

24時間休みなし、子どもからは常に目を離せません。

眠ったとしてもすぐに起きる子もいれば、急な発熱などで病院に駆け込むこともしばしば。

お母さんは大変だとつくづく思います。自分などは仕事が息抜きの時間になっていると感じることもしばしばあるくらいですから。

いずれにしても久しぶりの再会でお元気そうでしたので良かったです。娘さん2人も元気に順調に成長しているようで何よりでした。

自分のような自営業者は休みがあってもないようなもの。

休み返上で働いて稼ごう!と思えど、それでは奥さんにばかり負担もかかってしまいます。

せめて日曜の祝祭日くらいは思いっきり子どもと一緒に過ごす時間をつくっていこうと改めて思いました。

仕事はもちろん大切ですが、大切なのは仕事だけではありませんから。

許認可手続きは緊張の連続

今日、医療法人の定款変更認可申請の件で午前中、すったもんだがありました。

どうすったもんだしたかといえば・・・。

決算期の定めです。

通常の会社であれば、決算終了後3か月以内に株主総会等を開き、決算を確定させます。

通常は2か月以内なのですが、法定の理由があれば3か月以内まで伸長できることになっています。

法定の理由とは会計監査人による監査等を指すのですが、会計監査人を置いていない中小企業であっても定款にその旨が規定されていれば、これは適用されます。

ところが、医療法人について2ヶ月以内なのか?3ヵ月以内でもいいのか?が、判然としなかったためです。

会社の定款とは異なり、医療法人の定款の場合は役所の認可が求められるため、確認を取る必要が出ました。

結論は、原則通りの2ヶ月以内。

3カ月以内と伸長できる場合は、会計監査人の監査が必要とされるような比較的大きな病院などに限られるそうです。

会社でいえば中小企業に該当するような診療所のみを運営する医療法人については、原則通りにしてくださいとのこと。

ただし、これは都道府県庁によって異なっていたりもします。

他の都道府県では、こうした特別の理由がなくとも3カ月目に社員総会を開いて決算を確定させる内容の定款にしてもいいですよとされたケースが実はありました。

このように許認可の場合、それぞれの役所の見解が多少なりとも異なる場合があります。

申請途中にも、(えっ!?)と思うようなことも結構あるものなのです。

慎重に慎重を重ねて手続きを踏んでいかなければとんだ落とし穴に落っこちてしまい、お客さんなどに大変な損害とご迷惑をもおかけしてしまいます。

そうならないためにも、やはり現場経験といったものがとても重要になります。

ドキドキした午前中を思い出し、改めて緊張感をもって業務に取り組んでいこう!と思いました。

やりがいと緊張感とは、本当にコインの裏表の関係ですね。

時は金よりも価値あり

昨日は、一般貨物自動車運送業の営業所移転にともなう変更認可申請の事前確認のため、某市役所に伺いました。

営業所の移転については、各市区町村役場での事前確認が非常に重要となります。というのも、運送業の営業所として適切な場所の建築物でなければ認可が下りないためです。

風営法の許可においてもこのような規制がありますので、許認可の際にはとても神経を使うところです。

都市計画図と照らし合わせ、どの用途地域に該当する場所なのかをしっかりと確認しておくことが求められます。

ここで不注意なミスが出てしまえば、すべての許認可はパーとなります。

これは何を意味するか?といえば、莫大な損害金とご迷惑を依頼人にかけてしまうのです。

許可を出すのは役所ですが、その見込みを判断し、依頼人に正確に伝えるのが、行政書士の役割です。

このように許認可が取れる、取れないは、依頼人にとって大問題になってくるのです。

現地に出向き物件を見て、担当者に直接確認する地道な作業が求められます。

責任が重いが故に大変でもありますが、大きなやりがいに通じるところでもあります。

まあ、そんなこんなで午前中は打ち合わせ、午後は経営事項審査や医療法人の定款変更等の資料あつめやら書類作成やらであっという間に夜になってしまいました。

「時は金なり。」と言われます。

しかし、時とは、金にも代えられないくらい貴重なものです。

そんな大切な「今」を共に過ごしてまいりましょう。

連携できるということ

同業というとライバルという関係で見られがちですが、行政書士についてはそうではありません。

というのも、行政書士業務は他士業に比べるとかなり範囲が広いからです。よって、行政書士それぞれ専門分野、得意分野が異なってきます。

実は、私は外国人関係の仕事をほとんどやってきませんでした。

ところが、ここ最近でこの分野の案件についての相談が比較的多くなってきたように感じています。

ご依頼人には他の先生に聞いてみますと回答しながらも、即答できない歯がゆさを抱えていました。

そんなとき、支部長会議で隣の席にいらっしゃる先生が、外国人関係に強いということでしたので早速、相談させていただきました。

外国人関係を専門のされているということもあり、書籍等では得られないような貴重な情報を仕入れることができました。

とても感謝、感激です。やはり、行政書士同士のつながりというのは、とても貴重だと改めて感じました。

ご依頼人により一層、充実したサービスを提供していくためにもこのようなネットワークをつくり、育てていくことが大切だと思います。

自分自身の他の先生のお役に立てるよう、日々精進していく所存です。

さらによい仕事でお返しを

本日は、一般貨物自動車運送事業の経営許可申請のため千葉運輸支局に行ってまいりました。

申請するたびに思いますが、やはり新規の申請は特に緊張します。

自分は結構、おっちょこちょいで不注意なところがあるので書類の不備がその場で見つかったりもします(お恥ずかしい・・・)

軽微な不備であればその場の訂正で済むのですが、やはり訂正はないほうがいいですね。

ちょっとしたミスが見つかるたびに気を引き締めていかないと!という思いを強くします。

また、成年後見制度のことでちょっと相談した行政書士の先生から電話がありました。

その先生からは、成年後見制度の現場における問題点を懇切丁寧に教えていただき、感謝、感謝です。

机上の空論ではない現場での知恵は、お客さんにとっても宝の情報となります。

お客さんにより一層役立てるように情報収集とそのもとにある縁をより一層大切にしていこうと思いました。

明日は、事業年度終了報告等の諸手続きが完了したので、集金で各所をまわります。

また、一般貨物自動車運送事業の営業所変更の手続きの相談も受けているので関係機関での確認、相談があります。

また、外国人の在留資格変更の件でよくわからない点があるため、実務に精通した行政書士の先生に相談する予定もあります。

忙しいことは、本当に有難く、うれしいことです。

感謝の気持ちをお客さんへのさらによい仕事で返していくつもりです。

 

支部長会議にて

一昨日前のことになりますが、支部長会議が埼玉県行政書士会館で開かれました。

会議もさることながら、改めて人との縁、つながりの重要性を認識しました。

実は、数件の仕事で判断に迷うことや調べたいことなどを抱えていたため、それぞれの件について各支部長や役員の方々に相談することができました。

行政書士業務というのは、他士業にくらべてみると非常に範囲が広いです。

他士業は、分野がそれぞれ限定され、管轄する役所も限定されています。

たとえば、司法書士であれば主として登記、税理士であれば主として税務といった具合です。

ところが、行政書士となると外国人関係、建設業、風俗営業、相続、成年後見、自動車関連といったようにとにかく幅が広いのです。

その全てに精通していくことはほぼ不可能でしょう。

だから、他の行政書士との連携が求められる場面が多いのです。

自分のように建設業、産廃、一般貨物運送事業には比較的強くても、外国人関係や成年後見といった分野はあまりやったことがないというムラがどうしても出てきてしまうものです。

そうした意味でこのような支部長会の場はとても有難いと感じました。

依頼人にとってベストな選択肢を選んでいただくためにもこのような連携、つながりを大切にしていきたいと改めて思いました。

1 2 3 15